ゲンノショウコ
和名:ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科 フウロソウ属 分布:北/本/四/九   開花:7〜10月 
別名:ミコシグサ(御輿草)。山山野に普通にみられる高さ30〜60cmの多年草。茎や葉には毛が多い。茎上部、葉柄、花柄、萼には腺毛がまじる。葉は掌状に3-5深裂。花は長い柄の先に2個つき、紅紫色や白色、直径1-1.5cm。ゲリドリ下痢止めの民間薬として有名、飲むとすぐにその薬効があるということによる。別名は上記写真でもわかるように種子が跳ね上がった形が御輿の屋根の形に似ていることによる。
撮影:愛媛県 東予 9月 愛媛県:−−− 環境省:−−−
ゲンノショウコ(現の証拠) (別名:ミコシグサ)
ミコシグサの由来となった形
HOMEへ
花名50音索引へ
inserted by FC2 system