ハイノキ(イノコシバ)
和名:ハイノキ(灰の木) ハイノキ科 ハイノキ属 分布:本/四/九 開花:4〜5月
別名:イノコシバ。暖地の常緑樹林などに生える常緑小高木。高さ5-12m、直径10-30cmになる。樹皮は暗紫褐色。葉は互生、葉身は長さ4-7cmの狭卵形〜卵形。先は尖り表面は光沢がある。前年枝の葉腋に散房花序を出し直径約1.2cmの、白色の花を3-6個ずつ付ける。長い雄しべが目立つ。和名は灰を染色の媒染剤に使ったのでこの名がある。
撮影:愛媛県 中予 5月 愛媛県:−−− 環境省:−−−
ハイノキ(灰の木) 別名:イノコシバ
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system