イイギリ
和名:イイギリ(飯桐) イイギリ科 イイギリ属 分布:本/四/九 開花:4〜5月
山地に生える高さ10-15mの落葉高木。枝は放射状にでる。樹皮は灰白色。葉は互生、長さ10-20cmの卵円、裏面は白っぽい。黄緑色の小さな花が枝先に垂れ下がって多数つく。雌雄別株。雄花は直径1.5cmほどで多数の雄シベが目立つ。雌花はやや小さい。果実は球形で秋に赤く熟し目立つ。和名は、葉が大きく昔、飯を包むのに利用したのでこの名があるという。
撮影:愛媛県東予 6月 愛媛県:−−− 環境省:−−−
写真は雌花
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system