コマガタケスグリ
和名:コマガタケスグリ(駒ヶ岳酸塊) ユキノシタ科 スグリ属 分布:北/本/四 開花:5〜6月
高山に生える高さ1-2mの落葉低木。葉は互生、長さ7-16cm、掌状に5-7に切れ込み、裏面にはまばらに腺点がある。葉の付け根に直径1cmほどの黄緑色の花が長い穂状になってつく。花弁は極小さく、萼片が花弁のように見える。果実は直径8mmほどの球形、熟すと赤黒くなる。
撮影:愛媛県 東予 5月 愛媛県:−−− 環境省:−−−
コマガタケスグリ(駒ヶ岳酸塊)
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system