ナンゴクウラシマソウ
和名:ナンゴクウラシマソウ
(南国浦島草) 
サトイモ科 テンナンショウ属 分布:本/四/九 開花:4〜5月
山野の林のふちなどに生える。葉は1個で長い柄があり、鳥足状に小葉がつく。花茎は高さ10-20cm。仏炎苞の舷部は暗紫色。付属体は糸状に長く伸び基部は白く太く小じわが密生(バナナみたい)。さわるとザラついている。
撮影:愛媛県 東予 5月 愛媛県:準絶滅危惧 環境省:−−−
ナンゴクウラシマソウ(南国浦島草)
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system