ナンキンナナカマド
和名:ナンキンナナカマド(南京七竃) バラ科 ナナカマド属 分布:本/四/九  開花:5月頃
別名:コバノナナカマド。山地に生える高さ2-3mほどの落葉低木。幹は細くひょろりとしている。葉は互生、奇数羽状複葉。小葉は3-4対で長さ2-5.5cmの長楕円形、上半部に鈍い鋸歯。裏面は粉白色。花は淡黄白色で直径1cmほど。花序の基部に扇状の大きな托葉があり、果期にも残る。果実は直径6-8mmの球形、秋に赤く熟す。ナンキンとは小形のものに冠する語、中国の南京のことではない。
撮影:愛媛県 東予 6月 愛媛県:−−−  環境省:−−−
扇形の大きな
托葉
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system