オキナグサ
和名:オキナグサ(翁草) キンポウゲ科 オキナグサ属 分布:本/四/九 開花:4〜5月
山野の日当たりのよい草地などに生える多年草。全体に長くて白い毛が多い。根生葉は2回羽状複葉で長い柄がある。小葉は更に深く2-3裂する。茎葉は3個が輪生、細かく切れ込む。柄は無く基部は合着する。花茎の先に1個下向きに鐘形の花をつける。花弁はなく萼片は花弁状で6個あり、内側は紫赤色、外側は白い毛に覆われる。和名は羽毛状にのびた花柱をつけた、そう果の集まりを老人の白髪に例えたもの。
撮影:徳島県 3月 愛媛県:絶滅危惧T類 環境省:絶滅危惧U類
オキナグサ(翁草)
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system