オオバノトンボソウ(ノヤマノトンボ)
和名:オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草) ラン科 ツレサギソウ属 分布:本/四/九  開花:6〜7月
別名:ノヤマノトンボ。丘陵や浅い山の林内に生える高さ30〜60cmの多年草。茎には翼状の稜がある。葉は互生、下の2-3個が大きく上のものほど小さい。最下の葉は長さ7-12cmの長楕円形または狭長楕円形で基部は茎を抱く。花は黄緑色。側萼片と側花弁はかぶと状に重なる。唇弁は反り返り、距は長さ1.2-1.5cmで子房より長い。
撮影:愛媛県 中予 7月
オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system