オオヒナノウスツボ
和名:オオヒナノウスツボ(大雛の臼壺)  ゴマノハグサ科 ゴマニハグサ属 分布:北/本/四/九 開花:8〜9月
日当たりの良い草地や林縁に生える高さ約1m余りの多年草。茎は4稜。葉は対生、長さ6-10cm、卵形または長卵形でやや硬い。先は尖り縁には尖った鋸葉。花は茎の上部に円錐状につき、暗紫色で長さ8-9mm、小花柄は太く腺毛がある。花冠は膨らんだ壺形。下唇の中央裂片は反り返る。雄しべは4個で下唇側につく。ヒナノウスツボはふつう山で見られるが本種は野に多い。
撮影:高知県 9月 愛媛県:情報不足  環境省:−−−
オオヒナノウスツボ(大雛の臼壺)
花のアップ  
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system