サクラスミレ
和名:サクラスミレ(桜菫)  スミレ科 スミレ属 分布:北/本/四/九 開花:4〜6月
山地の日当りの良い草地、林の縁に生える高さ8-15cmの多年草。地上茎はない。花期の葉は長さ5-8cm、三角状長卵形。葉柄は長く葉が直立、翼は無い。花は直径2.5cm前後、淡紅紫色〜紫紅色、上弁が大きく側弁の基部は有毛。花弁の基部が閉じ気味に咲き花の内部が見えにくい。花が大きく美しいので「スミレの女王」の異名がある。和名の由来のサクラのように花びらの先がへこむと言うがはっきりへこむものは少ない。スミレの仲間
撮影:愛媛県 中予 5月 愛媛県:絶滅危惧T類 環境省:−−
サクラスミレ(桜菫)   写真のものは葉の葉脈にそって
 濃紅紫色の斑が入り
 チシオスミレと言われるタイプ。

 花柄に毛は見られず、近くにあった
 アカネスミレと葉の形態を見比べると
 サクラは葉が直立、アカネは立たない。
  また、アカネは全体に毛があり、距
 にも毛が見られた。
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system