シコクハンショウヅル
和名:シコクハンショウヅル
(四国半鐘蔓) 
キンポウゲ科 センニンソウ属 分布:四 開花:4〜5月
山地の林の縁や林内に生えるつる性低木。葉は1回3出複葉、小葉は卵形で鋸歯あり。葉腋に紫褐色の鐘状の花をつける。花弁は無く萼片が目立つ。花柄に12-15mmの小苞(傘のように開いたもの)がつく。コウヤハンショウヅルは小苞が更に長く15-20mmある。
撮影:愛媛県 東予 5月 愛媛県:準絶滅危惧  環境省:絶滅危惧T類
シコクハンショウヅル(四国半鐘蔓)
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system