シコクヒロハテンナンショウ
和名:シコクヒロハテンナンショウ(四国広葉天南星)  サトイモ科 テンナンショウ属 分布:本/四/九 開花:6〜7月
山地内に生える高さ10-20cmの多年草。葉は1個で小葉は5個、卵形または楕円形、多くは不揃いの鋸歯。仏炎苞は緑色、花序付属体は細い棒状で直径3mmほど。テンナンショウ属では花期が最も遅いと思われる。
その他のテンナンショウの仲間
撮影:愛媛県 東予 7月 愛媛県:絶滅危惧 T類 環境省:絶滅危惧 T類
シコクヒロハテンナンショウ(四国広葉天南星)
花序付属体は細い棒状 葉に鋸歯が見られないものもある
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system