シロバナハンショウヅル
和名:シロバナハンショウヅル
(白花半鐘蔓) 
キンポウゲ科 センニンソウ属 分布:本/四/九 開花:4〜6月
林の縁などで木にからむ蔓性半低木。葉は長い柄のある3出複葉、小葉は卵形で長さ3-8cm、3中裂し、鋸歯あり。葉腋に淡黄白色の広鐘形の花をつける。花弁状の萼片4個は広楕円形で長さ約2cm、外面は毛がある。雄シベは無毛。雌シベは多数でほぼ同じ長さ。
撮影:香川県 4月 愛媛県:準絶滅危惧 環境省:−−−
シロバナハンショウヅル
花弁状の萼片は4個
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system