タチツボスミレ
和名:タチツボスミレ(立坪菫)  スミレ科 スミレ属 分布:日本全土 開花:3〜5月
人家周辺の道ばたから山地の林まで、普通に見られる草丈5-15cmの多年草。咲き始めは地上茎は目立たないが次第に茎を伸ばし30cmほどになる。葉は心形、長さ1-4cm。葉の付け根の托葉は櫛の歯状に細かく切れ込んでいる。花は直径1.5-2.5cmで淡紫色。花の色は濃淡の変化が多い。側弁の基部はふつう無毛。距葉紅紫色で細い
撮影:愛媛県 中予 4月 愛媛県:−−− 環境省:−−−
タチツボスミレ(立坪菫)
葉に赤い斑が入るタイプもある。
アカフタチツボスミレ
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system