テイカカズラ
和名:テイカカズラ(庭下蔓) キョウチクトウ科 テイカカズラ属  分布:本/四/九 開花:5〜6月
山地に普通に見られるつる性の常緑樹。つるを延ばしてよく茂る。葉は対生、長さ3-7cm、長さ1.5-2.5cmの卵状楕円形。革質で厚く光沢がある。直径2cmほどの花をつける。初め白色、のちに淡黄色に変わる。花冠の下部は細い筒形。花弁は5裂し、裂片はプロペラ状に捩れる。花には芳香がある
撮影:愛媛県 東予 6月
 葉裏面は淡緑色で葉脈が
 明瞭に見える
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system