トベラ
和名:トベラ(扉)  トベラ科 トベラ属 分布:本/四/九   開花:4〜6月 
海岸近くに生える高さ2-3mの常緑低木。庭や公園にもよく植えられている。よく枝分かれし、葉は枝先に集まって互生、長さは5-10cmの倒披針形、表面は光沢があり、縁は裏面に巻く。枝先に香りの良い直径約2.cmの5弁花を多数つける。初めは白くだんだん黄色くなる。雌雄別株。果実は熟すと3つに割れ赤い粘った種子をだす。和名は節分の日に、この枝を扉にはさんで「厄除け」をする風習からついた
撮影:愛媛県 南予 5月
↑ 雄花
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system