トリガタハンショウヅル
和名:トリガタハンショウヅル
(鳥形半鐘蔓) 
キンポウゲ科 センニンソウ属 分布:本/四 開花:4〜5月
高知県鳥形山で発見されたつる性低木。葉は3出複葉、小葉は倒卵形で長さ3-8cm、上部に鋸歯。葉腋に淡黄白色の鐘状の花をつける。萼片の質は薄く、先は広k丸い。花柄は葉柄より短い。
撮影:愛媛県 東予 4月 愛媛県:絶滅危惧 T類 環境省:−−−
トリガタハンショウヅル(鳥形半鐘蔓)
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system