ツクシシャクナゲ
和名:ツクシシャクナゲ(筑紫石楠花)  ツツジ科 ツツジ属 分布:本/四/九 開花:5〜6月
山地から亜高山にかけ生える高さ約3mの常緑低木。葉は枝先に集まって互生し、表面は濃緑色で光沢あり、裏面は灰褐色の毛で覆われている。枝先に直径4-5cmの漏斗状鐘形で淡紅紫色の花を5-10個つける。花弁は7つに切れこみ、雄しべは14個。変種のホンシャクナゲは葉裏面の毛が目立たない。
撮影:愛媛県 中予 5月
ツクシシャクナゲ(筑紫石楠花)
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system