ツシマママコナ
和名:ツシマママコナ(対馬  ) ゴマノハグサ科 ママコナ属 分布:本/四/九  開花:8〜9月
日当たりのよい草地に生える高さ30-60cmの半寄生の1年草。茎は直立し、枝分かれする。葉は対生し、長さ3-8cm、狭卵形で先は尖る。枝先に長さ10-20cmの花序をだし、紅紫色の唇形花をまばらにつける。苞葉の先は鋭く尖る。ママコナに比し、花序が長く花軸の毛が少なく、苞葉の鋸歯は少ない。
撮影:愛媛県 東予 9月 愛媛県:絶滅危惧 U類 環境省:−−−
ツシマママコナ
   苞葉の鋸歯は少ない
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system