チョウジコメツツジ
和名:チョウジコメツツジ(丁子米躑躅) ツツジ科 ツツジ属 分布:本/四/九 開花:7月
亜高山帯〜高山の岩礫地に生える高さ1-1.5mほどの落葉小低木。コメツツジの変種。葉は長さ1-2cmの長楕円形、表裏に茶褐色の毛がある。枝先に直径1cmほどの白い花を1-3個つける。わずかに赤みを帯びたものも見られる。花冠は筒状で全開せず、雄しべは4個で短く花冠から外へ出ない。(コメツツジの雄しべは5個で花の外へ突き出る)
撮影:愛媛県 東予 6月 愛媛県:絶滅危惧 T類 環境省:−−−
チョウジコメツツジ(丁子米躑躅)
    <比較>

 チョウジコメツツジ

    コメツツジ  
花冠は筒状、雄しべは4個で外に出ない 雄しべは5個で花冠より外に出る
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system