チョウジタデ
和名:チョウジタデ(丁字蓼) アカバナ科 チョウジタデ属 分布:北/本/四/九 開花:8〜10月
別名:タゴボウ。水田や湿地に生える高さ30〜70cmの1年草。茎には稜があ。葉は披針形、長さ3-10cm、幅1-2cm。表面は側脈が目立ち秋には紅葉する。葉腋に柄のない黄色の直径6-8mmの小さな花をつける。花弁はガク片より短い。果実は棒状で細長く長さ1.5-3cm。和名は全体がタデに似て花がチョウジに似ていることによる。別名は根っこがゴボウに似ているからと言われる。
撮影:愛媛県 東予 9月
チョウジタデ(別名:タゴボウ)
 チョウジタデの果実
 棒状で細長く枝の一部の
 ように見える。
 先端には萼片が残る
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system