ウマノスズクサ
和名:ウマノスズクサ(馬の鈴草) ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属 分布:本/四/九 開花:7〜9月
川の土手や畑、林の縁などに生えるツル性の多年草。全体に無毛で粉白を帯びる。茎は細く丈夫でよく分枝し、ほかの木や草にからみつく。葉は互生、三角状卵形、長さ4-7cm、基部は心形、両側が耳状に張出す。葉腋にサキソフォンに似た形の花が1個ずつつく。萼筒はゆるく湾曲し、先は斜めに切り落としたような形。名の由来は、果実が熟すと基部から6裂し、果柄も糸状に6裂してぶらさがる。この形が馬の首につける鈴に似ているから。
撮影:愛媛県東予 7月 愛媛県:−−− 環境省:−−−
ウマノスズクサ(馬の鈴草)
 若葉の頃の葉は褐色を
 している
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system