和名:ウツギ(空木)  ユキノシタ科 ウツギ属 分布:北/本/四/九 開花:6〜8月
別名:ウノハナの名でも広く知られている。枝を折ってみると中が中空なので空木(ウツギ)の名がついた。山野の道端や伐採地など、日当たりの良いところに生える高さ2〜3mの落葉低木。根元からよく枝分かれする。樹皮は灰褐色で短冊状にはがれる。葉は対生、長さ4-10cmの卵形または広披針形で両面に細い星状毛がありザラつく。枝先に円錐花序をだし白い花を多数つける。花は直径15mmほど、花弁は5個、花柄や花弁の外側、萼などには星状毛が多い。雄シベは10個。果実は直径5mmほどの球形。ユキノシタ科でウツギの名がつくものには、ウラジロウツギコウツギヒメウツギマルバウツギなどがある。
撮影:愛媛県 東予 6月 愛媛県:−−− 環境省:−−−
 花柄や花弁の外側、萼などには
 星状毛が多い
HOMEへ
花名50音索引
ウツギ
inserted by FC2 system