ヤマジノギク(アレノノギク)
和名:ヤマジノギク(山路野菊) キク科 ハマベノギク属 分布:本/四/九 開花:9〜10月
別名:アレノノギク。日当りの良いやや乾いた山地の草地に生える高さ30-100cmの2年草。茎はよく枝分かれし硬くて粗い毛がある。根生葉は花時には枯れてなくなる。葉は長さ5-7cm、披針形、両面に粗い毛があり基部はしだいに細くなる。上部の葉は線形。頭花は直径3-5cm、舌状花は淡青紫色で1列に並ぶ。総苞は長さ7-8mm、総苞片は2列に並び、ほぼ同じ長さ、先は鋭く尖る。
撮影:高知県 10月
ヤマジノギク(山路野菊) (別名:アレノノギク)
 ↑頭花は3〜5cmとかなり大きい
 花後の姿  
HOMEへ
花名50音索引
inserted by FC2 system